カーテン屋の社長の現場日記

ameblo版「カーテン屋の社長の現場日記」について

2005-10-17~2012-01-06(652日分)

2005年10月17日から書き始めたブログはこちらへ。
カーテン屋の社長の現場日記ameblo.jp/curtain-square1/

カーテン屋の社長の現場日記

 

椅子の張替え

2012-04-28
施工前
施工後

兵庫県姫路市のカーテンスクエアです。 

 

またも、ブログをサボっていました。

 

すみません。しょぼん

 

しばらくは、このサボっていた間の現場を紹介したいと思います。

 

 

ということで、今回は椅子の張替え。椅子

 

カーテン生地を生産しているメーカーは、国内海外問わず椅子用の生地を

 

生産していることが多いので、必然的にカーテン屋さんはその椅子専用の生地を 

 

仕入れることができます。

 

しかし今回は、今までカーテンとして使用していたカーテンを再利用。

 

カーテンは新しくしていただいたので、当然古いカーテンはゴミとなるのですが、

 

この古いカーテン(川島織物の15年前の13,000円/Mする生地)は

 

状態もたいへん良かったので、お客様に再利用をお勧めしました。 

 

カーテンスクエアがオープンした15年前に、私もこのカーテンを何度か 

 

納品していました経験から判断したしだいです。 

 

カリモクのロッキング チェアーがまったく違った雰囲気となりました。

 

 

やはり良い物は長く使っても飽きが来ません。

 

 

 

 

世間では今日からゴールデンウイーク。 

 

カーテンスクエアは5月2日からゴールデンウイークとなります。 

 

 

 

チューダー調のインテリア

2012-02-01
ミュルーズ染織美術館コレクション
ミュルーズ染織美術館コレクション
リオン

兵庫県姫路市のカーテンスクエアです。

 

「○○○○○調」、「○○○○○風」なる言葉がインテリアに存在します。 

 

例えば、カントリー調、プロバンス風・・・・・などなど。 

 

そして今回のテーマはチューダー調。

 

はたして、チューダー調とはいかなるものか?

 

イギリスのチューダー朝時代の建築様式で建築構造材の「梁」や「レンガ」を

 

意匠的に配置していることが特徴だそうです。 

 

ではそれに似合うカーテンとは?

 

リビングは「アスワン」のミュルーズ染織美術館コレクションの中から

 

真紅のバラ柄のカーテンをチョイス。 バラ

  

ダイニングスペースはあえて柄を変えて白地に。

 

こちらは「東リ」の「リヨン織物美術館シリーズ」です。 

 

バラということでロールスクリーンもバラのレーザーカットのピンクに。 princesse de monaco 

 

子供部屋もバラ。 

 

このようコーディネートはどうでしょう? 

 

 

姫路勤労市民会館の縦型ブラインド

2012-01-29
縦型ブラインド
縦型ブラインド
催事用壁掛け金具

兵庫県姫路市のカーテンスクエアです。 

 

今日は姫路市の公共施設の「姫路勤労市民会館」の縦型ブラインドを 

 

新しく交換してきました。 

 

今まで付いていましたのはアルミの羽根のため折れ曲がったりして 

 

少々見栄えが悪くなっていました。 

 

今回はグラスファイバーに塩ビコートをした耐久性のある羽根。  

 

全てのブラインドを撤去して、新しくするのに半日かかりました。 

 

 

最初に思い出したのですが、こちらの現場これで3回目です。 

 

以前はピクチャーレールを取り付けたり、 催事用の壁掛け金具を付けた事があり 

 

ちょっと懐かしく思いました。 

 

当然、取り付けた当時の金具は今も健在です。

 

タチカワブラインド アコウォール

2012-01-24
アコウォール
アコウォール
アコウォール
兵庫県姫路市のカーテンスクエアです。 
 
巷では、インフルエンザが流行しているようで、 
 
今日施工にお伺いしたお客様もLDKの入り口を閉じて少しでも部屋を暖かく
 
省エネにということで、タチカワブラインドのアコウォールをお選びいただきました。
 
表面が木質調の仕上げになっていますので建材の色目とも合わせることができ
 
高級感もでます。 
 
ロールスクリーンで間仕切るという方法もありますが、 
 
お客様の来られるリビングにはこちらの方が良いでしょう・

和室のカーテンは?

2012-01-14
和室のカーテン
和室のカーテン
サイドボーダー

兵庫県姫路市のカーテンスクエアです。 

 

現在、和室と言えばプリーツスクリーンとなっていますが、 

 

それが本当に最善の選択でしょうか? 畳 

 

縁側のある新築が稀になってきた現状では、和室には内障子が基本なのでしょうが 障子

  

障子だけでは、開けると外から見えてしまいます。 

 

しかし、内障子にレースカーテンをあわせると、「和室?」となってしまいます。 

 

そこで、普通に和風テイストのカーテンはどうでしょう。 

 

写真のカーテンは無地調の織柄が和風で無難なカーテンになりましたので、 

 

レースは草花の陰影がプリントされたお勧めのレース。 

 

あまり透けないので、道沿いの部屋にも最適です。 

 

生活様式の変化から和室の必要性がなくなってきていますが、 

 

日本には ピグの四畳半 の部屋は必要でしょう。 

 

ただ、窓辺の装飾はその使用頻度やある位置で考える必要があると思います。

 

 

 

リビングはサイドボーダーのカーテンと色をコーディネートしたレースです。 

 

タッセルの位置

2012-01-13
TOSO AS70
飾りタッセル
共生地タッセル

兵庫県姫路市のカーテンスクエアです。

 

窓辺のカーテンの名脇役。

 

それはタッセル。

 

カーテンスクエアでは共生地タッセルは無料でお付けしていますが、 

 

別売りの飾りタッセルを希望される方もいらっしゃいます。 

 

との時、注意しなければならないのが房掛け金具の位置。 カーテン 

 

実は、共生地タッセルと飾りタッセルでは房掛け金具の位置が微妙に違うのです。 

 

写真のように飾りタッセルの位置で共生地タッセルを付けると

 

ちょっと上がり気味のように感じられると思います。 

 

(一応、共生地タッセルも用意しています。)

 

飾りタッセルを付ける時は、お客様に位置の確認をしていただいてから 

 

房掛け金具を取り付けているカーテンスクエアです。

 

今回使用の飾りタッセルは「TOSO」のタッセルAS70です。

レーザーカットのロールスクリーン

2012-01-11
TOSO
カーテンスクエアオリジナル

兵庫県姫路市のカーテンスクエアです。

 

ロールスクリーンのメーカーであるTOSOは「コルト」、ニチベイは「ポポラ」、

 

タチカワブラインドは「マカロン」と低価格帯の商品を最近出しています。 

 

各社とも無地の多色展開という商品構成になっていますが、ここに来て

 

それぞけのメーカにそれぞれ工夫が始まりました。 

 

今年から5mm単位でオーダーすることができるようになったタチカワブラインドの 

 

ロールスクリーンは、窓の内側取り付けの時などにできるだけ隙間が小さい方がグッド!と 

 

思っているカーテンスクエアとしては大変ありがたい。 

 

また、TOSOのレーザーカットは無地の多色展開を逆手に取ったいいアイデア

 

だと思います。

 

(写真左はTOSOのレーザーカットのロール。 ) 

 

ニチベイももうすぐ新しい見本帳が出るそうなので期待大です。 

 

(写真右は私がデザインしたハートの柄をレーザーカットしたカーテンスクエア

 

オリジナルです。) ドキドキ ラブラブ  新婚のお客様にも大好評でした。ニコニコ

冬の定番現場

2012-01-10

兵庫県姫路市のカーテンスクエアです。 

 

冬になると必ずあるお客様からの追加のご注文。 

 

リビング階段の「カバー」。 

 

部屋の暖かい空気が全て上に抜けてしまい><寒いブルブルsei 

 

ということで、写真のようになりました。

 

今回のようなオープン階段はあまりないと思いますが、 

 

これだけ大きく露出していますと、今回のようにU字でカーテンレールを  

 

取り付けて、完全に覆ってしまうのがベスト。

 

冬以外は外しておけば邪魔にもなりません。

今日も昨年の現場

2012-01-07
シルエットシェード
ダブルシェード
兵庫県姫路市のカーテンスクエアです。 
 
1月5日から営業を始めていますので、いろいろ施工写真もあるのですが
 
それは「施工写真」や「今日の現場」で。
 
今日も昨日に続き、昨年の施工写真。
 
ハンターダグラス社のシルエットシェードを施工しました。 
 
ワイド2600mmの大きなサイズですが、イージーライズ操作では滑らかな 
 
昇降が可能でした。 
 
シルエットシェードの特徴である、室内に入る外からの光を柔らかく調光する機能は
 
お客様にも好評でした。 
 
施工後、『シルエットシェードの中に「虫」が入ることがあるので注意してください。』と 
 
言って帰ったのですが、当然、当の 蚊 には言っていませんので、 
 
数日後、 蚊 が侵入したと連絡がありました。ショック! 
 

蚊 の排除の方法を説明させていただきまして、何とか取り除いていただきました。 
 
ハニカム構造の商品の宿命でが、 蚊 にレッドカードを出したい気持ちです。
 
 
もう一枚の施工写真は、応接室のダブルシェードです。 
 
こちらは 蚊 は関係ありません。
 
 

納品に一ヶ月

2012-01-06
フィスバ
CASAMANNCE
KINNAMARK

兵庫県姫路市のカーテンスクエアです。 

 

今日も昨年末の施工写真。 ニコニコ

 

こちらのお客様とは10年来御贔屓にしていただいてますが、 

 

今回は新築のカーテンをご購入いただきました。 

 

事前にラフな現場写真を見せていただいたのですが、 

 

やはり実際に現場に行かないとなかなか前に進めません。 

 

ご来店時にお選び頂いたサンプルをベースにコーディネートをしてみました。

 

フィスバの大柄のレースはこれだけのスペースがあるからその魅力が充分に表現されていると思います。 

 

縫製も上部芯地にも注意を払い、「黒」を使用し、ドレープ・レースとも裾の折り返しを 

 

最小にしてデザインを最優先としました。

 

寝室もCASAMANNCEのドレープにフィスバのレース。

 

レースは20色の中から選んで頂きました。

 

KINNAMARK社(スウェーデン)のチューリップ柄のカーテンが チューリップ赤チューリップ黄チューリップ紫

 

この新築のワンポイントとなっています。 

 

 

以上、内容を書きましたのでご推察いただけると思いますが、 

 

年末という事もあり、生地の決定から最終納品までいつもより日がかかりました。 

 

しかし、慎重に慎重に・・・なかなか素敵な仕上がりになりました。

 

カーテンスクエア
〒672-8072
兵庫県姫路市飾磨区蓼野町62
TEL.079-233-5208
FAX.079-233-5207

──────────────────
オーダーカーテン専門店
・ブラインド
・ロールスクリーン
・アコーディオンカーテン
・シェード
・カーペット
───────────────────
【営業時間】
平日:AM10:00~PM6:00
土日祝:AM10:00~PM6:30
【定休日】毎週水曜日
 
2017年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 休業日
  • 臨時休業
1
0
8
6
6
6