本文へ移動

カーテン屋の社長の現場日記

ameblo版「カーテン屋の社長の現場日記」について

2005-10-17~2012-01-06(652日分)

2005年10月17日から書き始めたブログはこちらへ。
カーテン屋の社長の現場日記ameblo.jp/curtain-square1/

カーテン屋の社長の現場日記

RSS(別ウィンドウで開きます) 

出窓が少なくなりました

2017-12-23
兵庫県姫路市のカーテンスクエアです。
 
この数年ほんとに出窓が少なくなってきました。
 
数年前に住宅用の窓のサイズが大きく変わったこともあり
 
防犯の意味でもシャッターの付かない出窓は避けられています。
 
よって、フリルの付いたかわいいレースのカーテンも
 
納品することはあまりなくなりました。
 
ミラーレース全盛のこの時期に薄地のオーガンジーは
 
頼りないのかもしれません。
 
今回は出窓に昇降メカなしで横に開閉できる
 
バルーンスタイルのレースカーテンを納品しました。
 
機能性重視の硬いミラーレースでは表現できない
 
優しさがそこにあることを実感しました。
 
ドレープは川島織物セルコンの「ウイリアム・モリス」。

マリメッコのロールスクリーン「SIIRTOLAPUUTARHA シールトラプータルハ」

2017-12-07
兵庫県姫路市のカーテンスクエアです。
 
マリメッコは北欧ブランドなので当然英語ではありません。
 
 「SIIRTOLAPUUTARHA シールトラプータルハ」
 
は何度覚えても発音できません。
 
今回そのファブリックを続けて違うお客様に
 
お買い上頂きました。
 
それもロールスクリーンとプレーンシェードという
 
違うスタイルで!!
 
どちらも大きなデザインをより魅力的に表現できるよう
 
いろいろ考えて作製しました。
 
最高の仕上がりだと思います。
 
 
 
 
 
 
 

コーナー窓にダブルシェード

2017-12-08
兵庫県姫路市のカーテンスクエアです。
 
今日は大きな開口部の窓にダブルシェードを取り付けました。
 
コーナーにシェードを取り付けるとどうしても生地に
 
勝ち負けができてしまいます。
 
カーテン生地自体が柔らかいものなので
 
操作自体に問題はないのですが
 
折り重なっていると見栄えが悪くなります。
 
写真のように少し段差を付けるとスッキリした感じとなります。
 
今回はダブルシェードのためレースに工夫をしました。
 
本来ならドレープ地と同じサイズになるのですが
 
片側4cm大きく作製しました。
 
これによりレースも隙間がなくなりました。
 
(操作性に問題はありません。)
 
 
 
 
 
 
写真のように少し段差を付けるのすっきりした感じとなります。
 
 

裏を表に

2017-12-04
兵庫県姫路市のカーテンスクエアです。
 
今日は施設。
 
洗面ブースに「のれん」を。
 
レールを付けて開閉式に。
 
この場合どちらを表と考えるか。
 
玄関に近いので通路側を表にしました。
 
通常であれば部屋内が表になるのですが逆に仕立てました。
 
電気の分電盤があったのでレールを上に付けられなかったので
 
通路からカーテンフックが見えてしまうのが
 
ちょっと残念。
 
 

ウイリアムモリスでコーディネート

2017-11-18
兵庫県姫路市のカーテンスクエアです。
 
今日の現場は「ウイリアム・モリス」でコーディネート。
 
カーテンは「Kelmscott Tree」。
 
10月に川島織物セルコンから織物タイプが発売されましたが
 
今回は英国製の綿100%のオリジナル。
 
クッションもおそろいで製作しました。
 
壁紙も同じく「モリス」の「Arbutus」。
 
オリジナリティーのあるお部屋となりました。
 
 

椅子生地の貼り替え」

2017-10-27
兵庫県姫路市のカーテンスクエアです。
 
「カリモク」の椅子が生き返りました。
 
長年使用されてきたダイニングテーブルの椅子4脚。
 
表地を替えて、中のクッションを増量すると
 
新品のような輝きが
 
もしかすると座り心地はしているかも。
 
 
 
 

こだわりのクッションいろいろ

2017-10-24
兵庫県姫路市のカーテンスクエアです。
 
10月26日よりオープン20周年記念セールを
 
開催いたします。
 
開催にあたり何点かおすすめがありますので
 
紹介させていただきます。
 
まずはクッション。
 
カーテンスクエアでは20万円以上カーテンを
 
購入いただいたお客様にカーテンと共生地のクッションを
 
20年間プレゼントしてきました。
 
(今回セール期間は15万円以上購入のお客様対象。)
 
今回、クッションをいろいろ作製して
 
インテリアのベストアイテムとして
 
こだわっていきたいと思っています。
 
カーテン屋ならではのおしゃれなクッションを
 
ご期待ください。
 
また、今回の新しい試みとして
 
「お気に入りの写真」をクッションにすることも
 
始めました。
 
お気軽にご相談ください。
 
 
 
 
 

結婚式場のカーテン

2017-10-18
兵庫県姫路市のカーテンスクエアです。
 
今日は結婚式場。
 
エントランスホールにセンタークロスカーテンを。
 
このようにカーテンが中央でクロスしているカーテンには
 
二通りありまして、写真のようなスタイルは
 
センタークロスと呼ばれ、
 
中央が二重にかぶさっているものはクロスオーバースタイルと
 
呼ばれます。
 
どちらも開閉不適合で常にこのスタイルのままなのですが
 
今回は開閉することを前提としているために
 
このようなスタイルとなりました。
 
本来は赤のラインで製作するのですが
 
今回はブルーの線で。
 
そのためカーテンバンドを長くしました。
 
 
 
 

レースカーテンの黒カビ

2017-10-03
洗濯前
洗濯後
兵庫県姫路市のカーテンスクエアです。
 
季節が変わり、窓を閉めて生活することが多くなります。
 
インドアで生活することが多くなると
 
インテリアにも力を入れたいものです。
 
そこで注意しなければならないことがあります。
 
あったかい鍋料理などおいしくいただいた後
 
少し寒いですが窓を開けて換気ををお勧めします。
 
もししないと、深夜の冷たい外気で
 
窓が「結露」します。
 
すると、カーテンは結露でビチョビチョ。
 
これを繰り返すと写真のようにレースに黒いカビが angry
 
この黒いカビ普通に洗濯しても取れません。
 
カーテンクリーニングで今回はなんとか取れましたが
 
よく見ると小さな黒点が少し残っています。
 
このようにならないように
 
換気と水洗い洗濯をお勧めします。
 
出来るなら乾きの悪い年末より
 
よく乾燥して、洗濯後の渇きが良い今がお勧めです。
 
 
 
 
 
 

「PURE MORRIS」でプレーンシェード

2017-09-10
兵庫県姫路市のカーテンスクエアです。
 
和室のカーテンを選ぶ時、
 
最近はプリーツスクリーンが多いですが
 
今回のカーテンの掛け替えの場合、
 
20年前からプリーツスクリーンを使用中。
 
(たぶんニチベイがプリーツスクリーンを発売始めたのが
 
20年前だったと思います)
 
プリーツスクリーン以外のものとなると
 
シェードでしょうか?
 
ここでお勧め「PURE MORRIS」の登場となりました。
 
生地幅いっぱい使って、あとはサイドボーダー。
 
本体がリネンの為、ボーダーもリネンにしました。
 
和室に「PURE MORRIS」よく似合います。
 
レースは川島織物セルコンの「MORRIS」。
 
 
 
 
カーテンスクエア
〒672-8072
兵庫県姫路市飾磨区蓼野町62
TEL.079-233-5208
FAX.079-233-5207

──────────────────
オーダーカーテン専門店
・ブラインド
・ロールスクリーン
・アコーディオンカーテン
・シェード
・カーペット
───────────────────
【営業時間】
平日:AM10:00~PM6:00
土日祝:AM10:00~PM6:30
【定休日】毎週水曜日
 
2018年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2019年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 休業日
  • 臨時休業
  • 営業日
1
1
6
9
0
9
TOPへ戻る